FACEBOOKトラブル解決

便利で楽しいFACEBOOKハマってる人も多いですが、個人情報公開に関するトラブルも多いようです。このサイトでトラブルの対処法をしっかり勉強しておきましょう。

勝手に写真にタグ付けされた

勝手に写真にタグ付けされた

勝手に写真にタグ付けされた

このエントリーをはてなブックマークに追加

「タグ付け」とは、写真投稿やチェックインするときに、他のどのFacebookユーザーといっしょにいるかを関連付けして投稿できる機能です。

この機能を使うと、多くの人がいっしょにいるときなどに情報の共有を簡単に行うことができます。

しかし、本人の承諾なしに「タグ付け」をすると、トラブルになる場合もあります。

たとえば、飲み会で盛り上がった場の写真を撮影したり、集まったメンバーをFacebookに投稿するときにタグ付けをしたとします。

しかし、中には別の誘いを断って、その場に参加した人もいるかもしれません。

そこで、この写真をFacebookアップして参加者全員を「タグ付け」してしまうと、断られた人たちにも、誘いを断って飲み会に来た人の様子が伝わる可能性があります。

そこで、「タグ付け」をする際には、「タグ付け」するユーザーに事前に承諾を得る必要があります。

一方、許可なく「タグ付け」した相手には事情を説明して削除してもらうとよいでしょう。

「タグ付け」された写真をタイムライン上で非表示するには、まず、「プライバシー設定」から「タイムラインとタグ付け」の「設定を編集」をクリックします。

次に、「あなたがタグ付けされたコンテンツをタイムラインに掲載するかどうかを確認する」の「オン」をクリックします。

写真の「タグ付け」は後から削除することもできます。

タグ付けされたくない写真に、自分が「タグ付け」された場合は、まず、タイムラインの「アクティビティログ」で「他のユーザーによるタグ付け」から、タグ付けを削除したい投稿の鉛筆マークをクリックして、「タグを報告または削除」をクリックします。

次に、「タグ付けの削除を希望します」にチェックを入れて、「続行」をクリックします。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です