FACEBOOKトラブル解決

便利で楽しいFACEBOOKハマってる人も多いですが、個人情報公開に関するトラブルも多いようです。このサイトでトラブルの対処法をしっかり勉強しておきましょう。

友達

友達の顔写真を覚えておけと言われた

友達の顔写真を覚えておけと言われた

Facebookが不正アクセスの可能性を検知した場合は、本人かどうかの確認を求められます。

特に不正アクセスの可能性を検知されやすいのは、海外など普段アクセスしない場所からアクセスした場合です。

その際に、利用される認証方法のひとつが、写真に写った友達が誰かを当てるクイズ形式のものです。

実名制で実社会でもつながりがあることが前提となっているFacebook上での交流では、友達の写真を見て誰だかわからないということは、本人ではないという判断になってしまいます。 (さらに…)

自分の個人情報が友達を介して漏れることがある

自分の個人情報が友達を介して漏れることがある

Facebookには多くのアプリが存在しますが、中にはスパムアプリといわれるものも存在し、それを友達が使用していると、あなたの個人情報がアプリ運営会社に漏れてしまう可能性があります。

Facebookではユーザーの友達の個人情報を使ったアプリを作成することができます。

つまり、友達がこれらの悪意あるアプリを知らないうちに使ってしまった場合、あなたの名前、生年月日、交際ステータス、近況アップデート、写真、出身地、学歴などの情報が簡単に奪われてしまうのです。 (さらに…)

Facebookで友達になった仕事上のお客様とはどう接すればよい?

Facebookで友達になった仕事上のお客様とはどう接すればよい?

仕事上でFacebookを活用するユーザーも多く存在します。

特に、現場での顧客接点が多い営業担当者にとって、オンラインコミュニケーションが可能なFacebookは便利で欠かせないツールです。

しかし、Facebookでのコミュニケーションもやりすぎると逆効果になる場合があります。

たとえば、過剰なほどコメントや「いいね!」で反応したり、自分の投稿に友達からコメントが入ると、友達のコメントが途切れるまでコメントを入れ続けたり、特定のユーザーからの投稿があった場合にすぐさまアクションを起こしたりするケースなどが多く見られます。

しかし、過剰な書き込みは有益なコミュニケーションとは言えないばかりか、信頼を失う結果にもなりかねません。

節度を保ったコミュニケーションが重要なのです。 (さらに…)