迷惑メールの徹底防止・撃退・対策法

本当に迷惑な迷惑メール。中には詐欺まがいのものもあって危険もあります。自己防衛でしっかり対策しておきましょう!

後を絶たない迷惑メール

後を絶たない迷惑メール

後を絶たない迷惑メール

このエントリーをはてなブックマークに追加

40兆通というとてつもない数が大量に且つランダム配信される迷惑メールが減らないのは何故なのでしょうか。

それは何といっても使いやすさという利便性と安さということです。

テレビで毎日の様に流れているCMや新聞広告記事記載には数百万から数千万もの広告料が必要となります。

例え電柱に貼付していく手法のいわゆる‘電柱広告’でもやはり一本数千円という費用が掛かるのです。

自主制作・投函のチラシであれば費用節約にはなってもたくさんの人達に見てもらうには困難となります。

逆にパソコンを使って簡単に送受信する事の出来る電子メールはプロバイダ料や電気料金を除けば無料です。

手書きによる宛名・切手貼付・チラシ交換という煩わしさもなく文章を書いて送信さえすれば交流可能です。

日本を越えて送受信が出来るとても便利で数多くの人に見てもらえる‘世界格安の広告媒体’という訳です。

詐欺’による被害は現実世界にもネットの世界にも存在しますが皮肉な事に効率がいいのがネット世界です。

現実世界における詐欺という犯罪は成功率としてはさほど高くない為`下手な鉄砲を打つ’必要があります。

ハガキで実行する場合は文章を打ち印刷して切手を貼って投函していくというコストの掛かる段階を踏みます。

50万の資金を使ったとしてもハガキ代,切手代、印刷代等を経て投函しても1万通出して投函するのが限度です。

つまり成功率自体が1%未満とされる詐欺世界で1%と見積もっても100人騙せるかという低い確率なのです。

ところがこれがネット世界における電子メールを使っての詐欺となれば180度ガラリと変わってしまいます。

もし詐欺を実行する資金が50万ならば0.1%という低確率でも100万通送信して1000人騙せる事になるのです。

つまりネット世界に虚偽広告を出し1000人に1人騙すことが出来たならば`ネット詐欺’は丸儲けという訳です。

ユーザー達にとって安くて便利な電子メール世界の裏側で詐欺を目論む悪質な犯罪者達が手薬煉引いています。

一刻も早く何かしらの徹底対策を考え実行していかなければこの先も際限なく迷惑メールは増えていくのです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です