ビジネスマナー(メール編) 

ネットビジネス界に革命を巻き起こす!『無料レポート大革命!』

メールのマナーを知らない方が結構多いもので、友達に送る感覚でビジネスメールを送り相手を呆れられることも

サイトマップ

敬称|基本編

敬称の使い方に悩む人は多いようです。



まずは、「御中」の使い方です。

「御中」は、会社や官公庁、学校などの団体や組織、部署あてにメールや手紙を書いたり、書類を送付する場合に使います。

たとえば、会社にメールを送りたい場合に、担当者がわからない場合には、「○○○○株式会社 御中」と書きます。

なお、「御中」をつけないと、相手を呼び捨てにすることと同じですので注意が必要です。

また、個人あての場合には「御中」を使うことは適切ではありません。

なお、担当者名がわからない場合は、「○○○○株式会社 ご担当者様」と書いても問題ありません。

次は、「殿」と「様」に違いです。

「殿」は、あて先が目下の人の場合や、事務的、公式的な文書に使用するのが一般的で、目上の人に対しては使用しません。

自治体などから送られてくる郵便物などでは、以前は事務的、公式的な文書であることから、「殿」という敬称が使われていました。

しかし、「殿」は目下の人への敬称として用いられるものであることから、最近は「様」を使うようになっています。

ビジネス文書では「様」を使うことが一般的です。

一方、「部長」、「所長」などの役職名には「殿」や「様」をつけません。

役職名自体に敬意が含まれているため、さらに「殿」や「様」をつけると、二重敬語となってしまうからです。

役職と名前をセットにしたいときは、「営業部 部長 ○○○○様」というように、役職、氏名、様の順番で書くとよいでしょう。

敬称にはほかに「各位」というのがあります。「各位」は複数の人に同時にメールを送信する場合で、個人名を省略する場合に使用します。

「各位」だけで使う場合もありますが、「営業部各位」など団体名や組織名に続けて使用することもできます。

ちなみに、「各位」は敬称の一種なので、「各位殿」「各位様」といった使い方はしません。

普通の会社員がビジネスで成功して億万長者になる7つの法則
TOP
基本編
転送
CC
添付ファイル
名乗り
署名
件名・送信者名
敬称
本文の体裁
機能編
応用編
ビジネスメールの実態
大須賀 祐【最強かつ本物の輸入ビジネス】インポートプレナープロジェクト
業種別ホームページ集客支援サービス『AZアド』
【オンライン受講+動画ダウンロード】ネットビジネス税金対策マル秘セミナー
【ワンランク上の人間力を習得するマナー大全集】海外で取引を行う時最初に必要なのは、彼らとのコミュニケーションを円滑にすること。英会話はそれほど得意でなくても、彼らの心を開かせ、非常に高いコミュニケーション力を持ち、仕事上でもプライベートでも高い信頼を得る為には何が必要か。普段見落としがちな、彼らと同等のマナー力を身に付けることが鍵となります

















ビジネスマナー(メール編) All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。