ビジネスマナー(メール編) 

ネットビジネス界に革命を巻き起こす!『無料レポート大革命!』

メールのマナーを知らない方が結構多いもので、友達に送る感覚でビジネスメールを送り相手を呆れられることも

サイトマップ

重要度の設定|機能編

重要度の設定は、送信するメールの重要度を「高」「中」「低」の3段階などに分けて、受信者へそれを示すことができる機能で、一般的なメールソフトのほとんどに搭載されています。



「Outlook」の場合は、重要度を「高」に設定すると赤い感嘆符が、「低」に設定すると青い下向きの矢印がつきます。

メールを送る側にとっては、便利そうに思える機能ですが、使い方には注意が必要です。

たとえば、絶対に受注したい案件があり、得意先へ見積書をメールで提出する際に、重要度を「高」にしたらどうでしょう。

メールを送った本人にとっては重要なメールでも、得意先から見れば数ある案件の中のひとつにすぎないかもしれません。

その場合、送った側の意気込みとは裏腹に、相手が気分を害してしまう危険性もあります。

メールの受信トレイは、個人の作業空間であるといえます。

その中に、送り手の都合で重要マークがつけられたら、不愉快な気分になる人もいます。

そこで、仕事の状況や、個々の仕事に対する重要性の判断は、人によって異なることに配慮したうえで、相手がどのような状況なのかがわからない場合には使わないほうが無難でしょう。

重要度の設定は、相手と共通認識を持っていることが前提となる機能だといえます。

一方、相手からのメールに返信する際に、重要度を「低」に設定することも考えものです。

元のメールが送り手に取って重要なメールだった場合には、それが伝わらずに「低」で返信されたことになります。

普通の会社員がビジネスで成功して億万長者になる7つの法則
TOP
基本編
機能編
重要度の設定
開封確認要求
データ形式
応用編
ビジネスメールの実態
大須賀 祐【最強かつ本物の輸入ビジネス】インポートプレナープロジェクト
業種別ホームページ集客支援サービス『AZアド』
【オンライン受講+動画ダウンロード】ネットビジネス税金対策マル秘セミナー
【ワンランク上の人間力を習得するマナー大全集】海外で取引を行う時最初に必要なのは、彼らとのコミュニケーションを円滑にすること。英会話はそれほど得意でなくても、彼らの心を開かせ、非常に高いコミュニケーション力を持ち、仕事上でもプライベートでも高い信頼を得る為には何が必要か。普段見落としがちな、彼らと同等のマナー力を身に付けることが鍵となります











ビジネスマナー(メール編) All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。