ビジネスマナー(メール編) 

ネットビジネス界に革命を巻き起こす!『無料レポート大革命!』

メールのマナーを知らない方が結構多いもので、友達に送る感覚でビジネスメールを送り相手を呆れられることも

サイトマップ

操作ミス|応用編

転送と返信のボタンを間違えてしまう。

複数のメールアドレスを「BCC」に入れて送ろうとして、間違えて「TO」または「CC」に入れてしまう。

これらのミスは、うっかりしていたからではすまされない場合もある重大な過ちです。



いつもはなにげなく使用しているメールでも、ちょっとした操作ミスによって、取引先の信頼を失ったり、謝罪会見を開かなくてはならないくらいの大問題に発展することすらあるのです。

また、メールアドレスやメール本文のすべてに、個人情報が含まれているということも忘れてはいけません。

会社の極秘情報やID、パスワード、顧客データなどをメールで送信することのある人は、特に注意が必要です。

そこで、送信ボタンを押す前に、必ずチェックする癖をつけるようにするとよいでしょう。

以下は、送信前にチェックすべき7つのポイントです。

@本文に間違いがないか

A本文が書きかけで送信ボタンを押そうとしていないか

B宛先は正しいか

CBCCで送るべき相手をTOやCCに指定していないか

D機密情報のファイルを添付していないか

E個人情報を含む添付ファイルにパスワードをかけているか

F添付ファイルとパスワードは別々に送っているか

メールソフトやメールサービスによっては、送信ミス防止のための機能を搭載しているものもあります。

マイクロソフトのOutlookでは、ユーザーが送信したメールをすぐに送らず、「送信トレイ」に一定時間入れておく機能があり、フォルダーに入っている間であれば、送信のキャンセルが可能です。

送信ミスは、送信ボタンを押した後で気がつく場合がほとんどなので、このような機能を活用することで、致命的なミスを防止できる可能性があります。

普通の会社員がビジネスで成功して億万長者になる7つの法則
TOP
基本編
機能編
応用編
本文の表現
記号・顔文字
特殊な用語
操作ミス
誤字・脱字
メルマガ配信
携帯メール
文字化け
ビジネスメールの実態
大須賀 祐【最強かつ本物の輸入ビジネス】インポートプレナープロジェクト
業種別ホームページ集客支援サービス『AZアド』
【オンライン受講+動画ダウンロード】ネットビジネス税金対策マル秘セミナー
【ワンランク上の人間力を習得するマナー大全集】海外で取引を行う時最初に必要なのは、彼らとのコミュニケーションを円滑にすること。英会話はそれほど得意でなくても、彼らの心を開かせ、非常に高いコミュニケーション力を持ち、仕事上でもプライベートでも高い信頼を得る為には何が必要か。普段見落としがちな、彼らと同等のマナー力を身に付けることが鍵となります













ビジネスマナー(メール編) All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。