ビジネスマナー(メール編) 

ネットビジネス界に革命を巻き起こす!『無料レポート大革命!』

メールのマナーを知らない方が結構多いもので、友達に送る感覚でビジネスメールを送り相手を呆れられることも

サイトマップ

メルマガ配信|応用編

メルマガは、誤った配信方法を続けると、罰金になる場合もあります。

しかし、法律のことを知らずにメルマガを送っている人も多いようです。



法律については、以下のWebページで詳しく説明しています。

■vol.435 復習しよう!改正特定電子メール法とは?(1)
http://www.sc-p.jp/products/mail/2009/000289.html

■vol.436 復習しよう!改正特定電子メール法とは?(2)
 http://www.sc-p.jp/products/mail/2009/000290.html

他人にメルマガを送る場合は、相手の許可を得ることが必要です。

また、許可が得られてメルマガを送る場合でも、メルマガの本文に、「登録解除」に関する記載をしなくてはなりません。

メルマガを受け取る側には、いつでも自由に解除する権利があるのです。

また、送る側は、受け取る側が簡単に解除できるようにしておくことが最低限のマナーです。

送る側は、配信停止の窓口も設置しなければなりません。

一方、メルマガを受け取る側にとっては、解除の連絡はしにくい場合が多いようです。

そこで、解除せずに、受信するたびに削除することを続けることになります。

その結果、メルマガの送信者に対して悪感情が生じる場合も多々あります。

顧客の感情に配慮するなら、誰が解除したのかが直接的にはわからないように、フォームやワンクリックで解除できる仕組みを作ることが望ましいでしょう。

解除できないメルマガを送り続けると、その名前がメールボックスに届くたびに不快な感情が強まる危険性もあります。

自社のイメージダウンにつながることを避けるためにも、配慮が必要です。

普通の会社員がビジネスで成功して億万長者になる7つの法則
TOP
基本編
機能編
応用編
本文の表現
記号・顔文字
特殊な用語
操作ミス
誤字・脱字
メルマガ配信
携帯メール
文字化け
ビジネスメールの実態
大須賀 祐【最強かつ本物の輸入ビジネス】インポートプレナープロジェクト
業種別ホームページ集客支援サービス『AZアド』
【オンライン受講+動画ダウンロード】ネットビジネス税金対策マル秘セミナー
【ワンランク上の人間力を習得するマナー大全集】海外で取引を行う時最初に必要なのは、彼らとのコミュニケーションを円滑にすること。英会話はそれほど得意でなくても、彼らの心を開かせ、非常に高いコミュニケーション力を持ち、仕事上でもプライベートでも高い信頼を得る為には何が必要か。普段見落としがちな、彼らと同等のマナー力を身に付けることが鍵となります











ビジネスマナー(メール編) All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。