ビジネスマナー(メール編) 

ネットビジネス界に革命を巻き起こす!『無料レポート大革命!』

メールのマナーを知らない方が結構多いもので、友達に送る感覚でビジネスメールを送り相手を呆れられることも

サイトマップ

携帯メール|応用編

携帯電話からパソコンにメールを送る場合には、次の4つのポイントに注意する必要があります。


@「宛名」、「あいさつ」、「社名+名前」を書く

携帯メールでも、「宛名」、「あいさつ」、「社名+名前」を必ず書きます。

相手が送信者の携帯メールアドレスを登録していない場合は、名乗らないと誰からのメールであるかがわかりません。

A携帯電話からの送信であることを伝える

携帯でメールを作成する場合も、パソコンから携帯電話に転送されたメールに返信する場合も、文頭に「携帯電話から失礼します」の一文を入れます。

携帯電話の場面では文字がたくさんあるように見えても、パソコンの画面で見ると意外に少ない、そっけない印象を与える場合があるからです。

B改行を入れる

プライベートの携帯メールでは、改行をしないで一文を続けることが一般的ですが、パソコンへ送信する場合は、適宜改行を入れるようにします。

パソコンの画面では、改行のない文章が続くと、読みにくいため、誤解や確認漏れが生じやすく、返信する際にも手間がかかります。

C返信先を書く

携帯に返信をもらいたいのか、通常使用しているパソコンのアドレスあてに送信してほしいのかを明記します。



一方、パソコンから携帯電話にメールを送る場合には、以下の3つの注意が必要です。

A 文字数に注意する

携帯電話の画面は、パソコンに比べて小さいので、文字情報が多いと読みづらくなります。

また、携帯電話では送受信できるデータ量に制限がある場合もあり、長文のメールが一度にすべて受信できず、途中で切れてしまう場合もあります。

B パソコンからの送信であることを伝える

「携帯電話にお送りしますので、手短にお伝えします」と断りを入れると親切です。

情報を簡潔にまとめ、伝えたい情報が複数ある場合は、箇条書きを利用して体裁を工夫して、署名部分を簡略化します。

C CCに受信者の会社アドレスを入れる

携帯メールにメールをしても必ず確認してもらえるとは限りません。

そこで、念のため、相手のパソコンのメールアドレスをCCに入れて確認漏れを防ぐようにします。

普通の会社員がビジネスで成功して億万長者になる7つの法則
TOP
基本編
機能編
応用編
本文の表現
記号・顔文字
特殊な用語
操作ミス
誤字・脱字
メルマガ配信
携帯メール
文字化け
ビジネスメールの実態
大須賀 祐【最強かつ本物の輸入ビジネス】インポートプレナープロジェクト
業種別ホームページ集客支援サービス『AZアド』
【オンライン受講+動画ダウンロード】ネットビジネス税金対策マル秘セミナー
【ワンランク上の人間力を習得するマナー大全集】海外で取引を行う時最初に必要なのは、彼らとのコミュニケーションを円滑にすること。英会話はそれほど得意でなくても、彼らの心を開かせ、非常に高いコミュニケーション力を持ち、仕事上でもプライベートでも高い信頼を得る為には何が必要か。普段見落としがちな、彼らと同等のマナー力を身に付けることが鍵となります





























ビジネスマナー(メール編) All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。