ビジネスマナー(メール編) 

ネットビジネス界に革命を巻き起こす!『無料レポート大革命!』

メールのマナーを知らない方が結構多いもので、友達に送る感覚でビジネスメールを送り相手を呆れられることも

サイトマップ

文字化け|応用編

文字コードには多くの種類があり、日本語を表現するのに使用されるものだけでも、インターネットメールなどで用いられるISO−2022−JP(JIS)をはじめ、Shift_JIS(シフトJIS)、EUC−JP(日本語EUC)などさまざまのものがあります。



また、近年では、世界的に使用されているUnicode(多言語用文字コード)系のUTF−8(8ビットUTF)、UTF−16(16ビットUTF)なども使われています。

文字化けは、システムによって文字コードが異なると発生します。

たとえば、Aのシステムでは「0001」に「あ」という文字を割り当てているのに対し、Bのシステムでは「い」を割り当てていると、Aで「あ」と表記した部分が、Bで「い」と表示されてしまいます。

これが文字化けといわれる現象です。

最近では、iPhoneから送信されたメールが文字化けするケースが多く見られています。

iPhone標準の「メール」機能を使って受信済みのメールに返信したり、受信済みのメールを転送したりする場合に、受信者がOutlook ExpressやWindows Liveメールを使用している場合に発生することが多いようです。

原因は、やはり文字コードが関係しているようです。

実際にiPhoneから転送されたメールを詳しく調べてみると、メールのソースの中に原因を究明するための手がかりがあります。

1通のメールのソースには、2種類の形式のデータが含まれています。

同じ内容の本文を、テキスト形式とHTML形式の両方で相手に送信しているのです。

そして、HTMLに対応したメールソフトはHTML形式のデータを、非対応のメールソフトはテキスト形式のデータを表示するようになっています。

iPhoneでは、受信済みのメールを他人に転送する場合や、受信済みのHTMLメールに対して返信する場合に、このような形式のメールが作成されるのです。

一方、このように複数の形式のデータを含むメールを受信すると、一般的なメールソフトはどちらか一方の形式を選択して表示します。

たとえば、Outlook Expressの場合は、HTML形式のみが表示されます。

しかし、iPhoneのHTMLの文字コードはUTF−8を使用しており、これを正しく認識することのできないOutlook Expressでは、別の文字コードのデータとして表示ししまうのです。

ちなみに、同じメールをOutlook2007/2010で受信した場合には、文字化けは発生しないようです。

このような文字化けは、受信者側で対処することができます。

ひとつは、文字コードを手動で変更する方法です。

Outlook Expressの場合は、「表示」メニューから「エンコード」→「Unicode(UTF−8)」を選択すると、正しく本文が表示される場合があります。

ただし、それまで正しく表示されていた、文字コードにISO−2022−JPを使用している「件名」は文字化けしてしまいます。

もうひとつは、隠れていたテキストのパートを表示させる方法です。

Outlook ExpressではHTMLのみを表示しますが、設定を変更することでテキストのパートを表示させることが可能なのです。

テキスト部分の文字コードはISO−2022−JPを使用しているので、文字コードを手動で切り替えなくても、本文が正しく表示されます。

まず、「ツール」メニューの「オプション」→「読み取り」タブを選択し、「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」にチェックを入れます。

ただし、この場合、その他のHTMLメールもすべてテキスト形式で表示されてしまいます。

普通の会社員がビジネスで成功して億万長者になる7つの法則
TOP
基本編
機能編
応用編
本文の表現
記号・顔文字
特殊な用語
操作ミス
誤字・脱字
メルマガ配信
携帯メール
文字化け
ビジネスメールの実態
大須賀 祐【最強かつ本物の輸入ビジネス】インポートプレナープロジェクト
業種別ホームページ集客支援サービス『AZアド』
【オンライン受講+動画ダウンロード】ネットビジネス税金対策マル秘セミナー
【ワンランク上の人間力を習得するマナー大全集】海外で取引を行う時最初に必要なのは、彼らとのコミュニケーションを円滑にすること。英会話はそれほど得意でなくても、彼らの心を開かせ、非常に高いコミュニケーション力を持ち、仕事上でもプライベートでも高い信頼を得る為には何が必要か。普段見落としがちな、彼らと同等のマナー力を身に付けることが鍵となります











































ビジネスマナー(メール編) All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。