ビジネスマナー(メール編) 

ネットビジネス界に革命を巻き起こす!『無料レポート大革命!』

メールのマナーを知らない方が結構多いもので、友達に送る感覚でビジネスメールを送り相手を呆れられることも

サイトマップ

今は「会うよりまずメール」の時代|ビジネスメールの実態

メール教育の専門会社アイ・コミュニケーションが2010年6月に実施した「ビジネスメール実態調査2010」では、仕事上で周囲とのコミュニケーションを取る手段として「パソコンでメールする」が95.1%という高い数値でトップになりました。



それに続くのが「会う」(82.2%)、「固定電話で電話する」(61.1%)で、2009年の調査結果に比べて、「固定電話で電話する」と回答した人が37%もアップしたことが大きな特徴です。

要因としては、2010年から複数回答の選択肢を3つから4つに増やしたことが影響していると考えられますが、それ以外にも、Skypeやプロバイダー系IP電話などを利用しているケースの増加などが予想されます。

つまり、Skypeで海外とやり取りをしたり、テレビ会議をしたりする会社が増えている状況が反映された可能性が考えられます。

一方、2010年は「SNSに書き込む」が前年より7.2%から5.3%も減少して1.9%に、その代わり、新たに選択肢に加わった「Twitterに書き込む」が3.7%と、その存在感がビジネスの現場でも増加していることわかりました。

普通の会社員がビジネスで成功して億万長者になる7つの法則
TOP
基本編
機能編
応用編
ビジネスメールの実態
今は「会うよりまずメール」の時代
携帯電話やスマートフォンでもメールを送受信
1日に送受信するメール通数
約半数の人が「メールの返信は1日以内に欲しい」と思っている
相手に不快感を与えるメール
言葉づかいで相手を不快にさせる場合もある
ビジネスメールで気をつけたい8つのポイント
ビジネスメールの基本は思いやり
注意しなくてはいけないメールのマナー
判断に迷いやすいメールのルール
大須賀 祐【最強かつ本物の輸入ビジネス】インポートプレナープロジェクト
業種別ホームページ集客支援サービス『AZアド』
【オンライン受講+動画ダウンロード】ネットビジネス税金対策マル秘セミナー
【ワンランク上の人間力を習得するマナー大全集】海外で取引を行う時最初に必要なのは、彼らとのコミュニケーションを円滑にすること。英会話はそれほど得意でなくても、彼らの心を開かせ、非常に高いコミュニケーション力を持ち、仕事上でもプライベートでも高い信頼を得る為には何が必要か。普段見落としがちな、彼らと同等のマナー力を身に付けることが鍵となります



ビジネスマナー(メール編) All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。