ビジネスマナー(メール編) 

ネットビジネス界に革命を巻き起こす!『無料レポート大革命!』

メールのマナーを知らない方が結構多いもので、友達に送る感覚でビジネスメールを送り相手を呆れられることも

サイトマップ

判断に迷いやすいメールのルール|ビジネスメールの実態

ビジネス文書は段落ごとに1文字落とすのがルールです。

しかし、メールでは1文字落とす必要はないでしょう。



メールとビジネス文書は違うものと理解してかまわないと思います。

また、相手の名前の後に「○○さん、」のように読点を打つ人がいます。

これは、特に外資系の人の多い傾向があります。

しかし、名前の後の「、」は不要です。

一方、文末に「。」を使ったり、「 」(空白)を代用したり、「.」とピリオドを打つ人がいます。

しかし、これは間違っています。

日本語では文末に「。」を使用します。

ところで、親しい取引先の人から、馴れ馴れしいメールが届いた場合、相手にどこまで合わせればよいのでしょうか。

メールの崩し具合は相手に合わせれば間違いはありません。

しかし、たとえば「ありがとう♪」などと、相手が崩しすぎている場合は、無理に合わせる必要はありません。

崩しすぎは非常識になる場合もあるからです。

馴れ合いにならない程度に距離感を保ちながら崩すことも必要です。

添付ファイルの選択ミスは、犯しがちな過ちのひとつです。

特に、いつもファイルに同じファイル名をつけていると、別の取引先の見積書を間違えて添付してしまう可能性もあります。

それを避けるためには、ファイル名に日付と企業名を入れるとよいでしょう。

添付ファイルの選択ミスによる情報漏えいはとっても怖いことなのです。

最近では、重要な連絡、緊急を要する連絡もメールだけで済ませてしまおうとする人が増えています。

しかし、これはたいへん非常識な行為です。

メールは必ず届くものではありません。また、相手は24時間パソコンの前に座ってメールを確認しているわけでもありません。

重要な連絡や、緊急の連絡は、メールだけで済ませずに、電話をかけるようにします。

最も重要なことは、常に相手のことをしっかり考えてメールを使うことなのです。

普通の会社員がビジネスで成功して億万長者になる7つの法則
TOP
基本編
機能編
応用編
ビジネスメールの実態
今は「会うよりまずメール」の時代
携帯電話やスマートフォンでもメールを送受信
1日に送受信するメール通数
約半数の人が「メールの返信は1日以内に欲しい」と思っている
相手に不快感を与えるメール
言葉づかいで相手を不快にさせる場合もある
ビジネスメールで気をつけたい8つのポイント
ビジネスメールの基本は思いやり
注意しなくてはいけないメールのマナー
判断に迷いやすいメールのルール
大須賀 祐【最強かつ本物の輸入ビジネス】インポートプレナープロジェクト
業種別ホームページ集客支援サービス『AZアド』
【オンライン受講+動画ダウンロード】ネットビジネス税金対策マル秘セミナー
【ワンランク上の人間力を習得するマナー大全集】海外で取引を行う時最初に必要なのは、彼らとのコミュニケーションを円滑にすること。英会話はそれほど得意でなくても、彼らの心を開かせ、非常に高いコミュニケーション力を持ち、仕事上でもプライベートでも高い信頼を得る為には何が必要か。普段見落としがちな、彼らと同等のマナー力を身に付けることが鍵となります


















ビジネスマナー(メール編) All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。