ビジネスマナー(メール編) 

ネットビジネス界に革命を巻き起こす!『無料レポート大革命!』

メールのマナーを知らない方が結構多いもので、友達に送る感覚でビジネスメールを送り相手を呆れられることも

サイトマップ

約半数の人が「メールの返信は1日以内に欲しい」と思っている|ビジネスメールの実態

「ビジネスメール実態調査2010」の調査結果では、「1日に1回以上」メールをチェックする人が合計99.2%にのぼり、31.9%の人が、「メールが届いたらその都度開く」と回答しています。



つまり、時間帯を決めず、頻繁にメールを確認している人が多いようです。

「メールの返信をいつまでに欲しいか」という質問に対しては、半数近くの人が「24時間以内」と回答しています。

そして、「30分以内」(7.5%)、「1時間以内」(9.6%)など、かなり短時間の返信を望む人も17.1%を占めています。

メールの返信は、人によって待てる時間が異なります。

そこで、相手に合わせて対応を変える必要があります。また、返信があまりに遅いと、それだけで相手の心証を損ねる危険性もあります。

一方、自分自身はメールの返信をいつまでにしているのかを聞いたところ、「24時間以内」が最も多く、「1時間以内」、「30分以内」がこれに続き、「1時間以内」と「30分以内」を合わせると28.5%と、約3割の人はメールの受信後、1時間以内に返信していることになります。

これは、相手が返信を欲しいと考えているタイミングよりも早い時点で返事をしていることになります。

ビジネスメールでは、やり取りのスピードが重要になります。

しかし、返信は早ければよいわけではありません。

内容や状況、相手との関係などを考慮して、適切なタイミングで返信することが重要です。

普通の会社員がビジネスで成功して億万長者になる7つの法則
TOP
基本編
機能編
応用編
ビジネスメールの実態
今は「会うよりまずメール」の時代
携帯電話やスマートフォンでもメールを送受信
1日に送受信するメール通数
約半数の人が「メールの返信は1日以内に欲しい」と思っている
相手に不快感を与えるメール
言葉づかいで相手を不快にさせる場合もある
ビジネスメールで気をつけたい8つのポイント
ビジネスメールの基本は思いやり
注意しなくてはいけないメールのマナー
判断に迷いやすいメールのルール
大須賀 祐【最強かつ本物の輸入ビジネス】インポートプレナープロジェクト
業種別ホームページ集客支援サービス『AZアド』
【オンライン受講+動画ダウンロード】ネットビジネス税金対策マル秘セミナー
【ワンランク上の人間力を習得するマナー大全集】海外で取引を行う時最初に必要なのは、彼らとのコミュニケーションを円滑にすること。英会話はそれほど得意でなくても、彼らの心を開かせ、非常に高いコミュニケーション力を持ち、仕事上でもプライベートでも高い信頼を得る為には何が必要か。普段見落としがちな、彼らと同等のマナー力を身に付けることが鍵となります



ビジネスマナー(メール編) All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。