ビジネスマナー(メール編) 

ネットビジネス界に革命を巻き起こす!『無料レポート大革命!』

メールのマナーを知らない方が結構多いもので、友達に送る感覚でビジネスメールを送り相手を呆れられることも

サイトマップ

相手に不快感を与えるメール|ビジネスメールの実態

「自分のメールに不安を持ったことはありますか」という質問の回答に、「よくある」(13.6%)、「たまにある」(63.0%)、合計で76.6%の人が不安を感じていることがわかりました。



不安の内容としては、「表現は正しいか」、「自分がCCに入ったメールを受信したときは全員に返信すべきか」、「添付ファイルは何MBまで送ってよいのか」、「敬称について」などが考えられます。

また、過去1年間におけるメールでの失敗経験を質問したところ、「よくある」(2.3%)、「たまにある」(54.3%)を合計すると、半数以上の人が何らかの失敗を自覚しています。

また、「ほとんどない」、「まったくない」と回答している人の中にも、自覚していないだけで、自分のメールが相手に不快感を与えたケースもあるかもしれません。

一方、メールでの失敗を「よくある」、「たまにある」と答えた人に、その失敗を指摘されたことがあるかを質問したところ、「よくある」、「たまにある」を合計しても3分の1程度と、ほとんどの人は自分が失敗に気づいても、それを相手には指摘されなかったということになります。

メールは1対1の閉鎖された空間で交換されるケースが多いため、失敗も指摘しにくいのではないかと思われます。

普通の会社員がビジネスで成功して億万長者になる7つの法則
TOP
基本編
機能編
応用編
ビジネスメールの実態
今は「会うよりまずメール」の時代
携帯電話やスマートフォンでもメールを送受信
1日に送受信するメール通数
約半数の人が「メールの返信は1日以内に欲しい」と思っている
相手に不快感を与えるメール
言葉づかいで相手を不快にさせる場合もある
ビジネスメールで気をつけたい8つのポイント
ビジネスメールの基本は思いやり
注意しなくてはいけないメールのマナー
判断に迷いやすいメールのルール
大須賀 祐【最強かつ本物の輸入ビジネス】インポートプレナープロジェクト
業種別ホームページ集客支援サービス『AZアド』
【オンライン受講+動画ダウンロード】ネットビジネス税金対策マル秘セミナー
【ワンランク上の人間力を習得するマナー大全集】海外で取引を行う時最初に必要なのは、彼らとのコミュニケーションを円滑にすること。英会話はそれほど得意でなくても、彼らの心を開かせ、非常に高いコミュニケーション力を持ち、仕事上でもプライベートでも高い信頼を得る為には何が必要か。普段見落としがちな、彼らと同等のマナー力を身に付けることが鍵となります



ビジネスマナー(メール編) All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。