スマホで集客

スマートフォンには、倒産の危機にある会社を再生させるほどのパワーがあります。もちろん、現在も好調なビジネスに対しても、スマートフォンの効力は絶大です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は今、長引く構造不況と先行きの不透明感で、財布の紐が固い人が多くなっています。

しかし、消費者は決して買い物をしないわけではありません。

消費者の買い物の仕方が以前よりも賢くなったのです。

そこに大きな役割を果たしているのがスマートフォンという革命の機器のです。

情報機器の発達で、個人のライフスタイルにも大きな転換期が訪れています。

しかし、少し前まで中小企業や開業店舗、個人事業主向けのスマートフォンを使ったマーケティング手法は世の中にまったく存在していませんでした。

ところがスマートフォンには、倒産の危機にある会社を再生させるほどのパワーがあります。

もちろん、現在も好調なビジネスに対しても、スマートフォンの効力は絶大です。

スマートフォン集客で、今まで来なかったようなタイプのお客さんが来るようになり、年齢や嗜好、ライフスタイルなどが違う新しい顧客層を開拓することができて、ビジネスの裾野を広げることが可能なのです。

今、スマートフォン市場は急速に伸びています。

そして、これは決して一過性の流行やブームではありません。

2012年度にはスマートフォンを手にする人が一気に増加し、契約台数も2598万件に達し、その伸張は前年比3倍以上にもなりました。

つまり、ビジネスの新しい見込み客が2598万人もいるということができるのです。

さらに、2年後の2015年度には約6000万件を超え、日本人の約半分がスマートフォンを利用することになると予想されています。

調査結果によると、スマートフォンユーザーの約70%がスマートフォンで毎日検索をすると答えています。

また、スマートフォンで地域の情報を検索したことのあるユーザーは約91%にも達しています。

さらに、スマートフォンから月に1回以上、商品やサービスを直接購入する人が50%以上になっています。

今後、スマートフォンはさらに、個人客を対象とするすべてのビジネスにとって必要不可欠の存在になると思われています。

しかし、実際には、スマートフォンでうまく集客している店舗や経営者はまだ少ないようです。

つまり、ここが目のつけどころで、今、スマートフォン集客を始めることで、ビジネスの競争先が参入する前に利益を得ることができるのです。

進化が目覚ましいインターネットやIT技術の世界では、素早い行動と対策がよい結果を生み出すのです。

スマートフォン集客を実践するには、具体的にどのようにすればよいのでしょうか。

まず、前提条件となるのが、スマートフォンのマーケティングは、ビジネスの業種業態によって手法が異なり、また、パソコンやモバイルとも手法が異なるということです。

たとえば、今までのホームページは、パソコンの横長ディスプレイの表示サイズに合わせてつくられているため、スマートフォンで見た場合にはとても小さく見づらくなります。

そこで、スマートフォンの画面にあったサイトデザインや操作性が必要になります。

つまり、スマートフォンサイズの最適化です。

スマートフォンでのマーケティングの基本は、スマートフォンに対応したサイトをつくり、そこにサイトにユーザーが訪れるようにすることなのです。

新着情報

2013年5月13日
姉妹サイト