スマホで集客

スマートフォンには、倒産の危機にある会社を再生させるほどのパワーがあります。もちろん、現在も好調なビジネスに対しても、スマートフォンの効力は絶大です。

コピーライティングの極意

コピーライティングの極意2

コピーライティングの極意

そして、表現はなるべく具体的、かつ、詳細にすることが必要です。

アバウトなものや一般的な表現、抽象的な表現に人は惹かれません。たとえば、「約2万人の人が利用しています。」よりも、「1万9876人が利用しています。」の方が確実に説得力はあるのではないでしょうか。

売れるキャッチコピーをつくる方法は2つあります。

ひとつは、商品・サービスの特徴からつくる方法、もうひとつは、メリットからつくる方法です。

たとえば、3行でキャッチコピーをつくる場合、前者では、1行目のフレーズで「引き」、つまり、お客さんの注意をもっともひきつける言葉を入れます。

「日本初」「業界初」などの限定性や希少性のある言葉がこれにあたります。

2行目では、商品の特徴を説明します。

そして、3行目では、商品自体の説明をします。

この3つで構成すると、商品・サービスの特徴をすっきりと過不足なく伝えられます。

後者では、実際に商品・サービスを購入したお客さんの声をコピーに使います。

そうすることで、悩みを抱えてサイトに来るお客さんには、求めるメリットが直に伝わります。

その際には、お客様がいかにもいいそうな口語表現や話言葉を使うことがポイントです。

さらに、お客様の言葉を「」で囲んだり、フォントを明朝体にするとお客さんの声が「声」らしくリアルに伝わります。

お客さんの声は、コピーに使えるだけでなく、今後の商品やサービスの改善にも生かせるので、アンケートを実施するなど、常に情報収集に努めることも重要です。

キャッチコピーに続くセールスレターの書き方にも、反応の高い「型」と「法則」がいくつかあります。

以下は、その中でも実際に使われる頻度の高い代表的なものです。 (さらに…)

コピーライティングの極意1

コピーライティングの極意

スマートフォンサイトでの成約率は、トップビューと、それの続くコピーの内容によって大きく変わります。

サイトは何度もテストをすることで完成し、収益を上げていきますが、その際にいちばん最初にテストするのはキャッチコピーです。

キャッチコピーでは、自社が扱っている商品の特徴とメリットを訴えることが重要です。

特徴とは、商品やサービス自体における強み、他社やライバル会社との差別化ポイントです。

それに対し、メリットは、その商品の他にはない強み、他店との差別優位性によって得られるもので、お客さんにとってよいことです。

そこで、いくら特徴を伝えても、メリットを伝えないとお客さんは購入してくれません。お客さんは、商品やサービスを買うときに比較検討をします。

そこで、PCの場合は、ブラウザで複数の商品サイトを同時に立ち上げて見比べます。

しかし、画面が小さいスマートフォンでは、同時に複数のサイトを閲覧することができません。 (さらに…)