スマホで集客

スマートフォンには、倒産の危機にある会社を再生させるほどのパワーがあります。もちろん、現在も好調なビジネスに対しても、スマートフォンの効力は絶大です。

売れるスマートフォンサイトのつくり方

売れるスマートフォンサイトのつくり方6

売れるスマートフォンサイトのつくり方

一方、完成度を客観的に診断してくれる無料サービスがあります。Googleが提供するスマートフォン最適化診断です。

スマートフォンサイトのURLを入れて、必要項目を入力すると、スピード、画像、テキスト、操作、コンバージョン、アクセス性の6項目についてアドバイスしてくれます。

なかでも、サイトの表示スピード機能は便利です。

計測して、表示時間が5秒を超える場合は、WEB制作会社のデザイナーに依頼するなどして、サイトのファイル容量を軽くする対策を取る必要があります。

サイトの表示スピードが速いと、それだけでサイトの滞在時間が長くなり、反応率が上昇します。

今、ウェブ業界では、Responsive Web Design(RWD)が注目されています。

これは、PC、スマートフォン、iPadなどのタブレット端末など、どんな電子媒体からアクセスしても、サイトが自動的にその画面サイズに合させてトランスフォームして、最適な構成で表示されるものです。 (さらに…)

売れるスマートフォンサイトのつくり方5

売れるスマートフォンサイトのつくり方

スマートフォンとLPOを成功に導くためには4つの鉄則があります。

まずは、タイトルを大きく表示して、何を売っているサイトなのかが瞬時にわかるようにすることです。

PCサイトでは、トップ画像でフラッシュを使うことが流行した時期がありました。

しかし、これは、サイトの訪問者にまず必要な情報を知ってもらうという観点から大きく外れているばかりでなく、フラッシュの再生時間を待てずに離脱を招くケースも多いのです。

フラッシュの使用をやめるだけで、お客さんの反応がアップしたケースは多いようです。

次に、レスポンスデバイスはサイトの基調色と反対色で目立たせることが必要です。

なお、色は業種ごとに適したものがあります。

たとえば、飲食系店舗なら黄色やオレンジ色がよいでしょう。 (さらに…)

売れるスマートフォンサイトのつくり方4

売れるスマートフォンサイトのつくり方

トップビューが決まったら、次はいちばん下です。

ここにはレスポンスデバイスとよばれる、申し込みのメールアドレスの入力フォームや、電話バナーなど、問い合わせや申し込みをする際にお客さんが触れる部分を置きます。

スマートフォンサイトでは、電話とオンラインの申し込みフォームの2つのレスポンスデバイスを用意する必要があります。

特に、スマートフォンの機能特性を考えると、レスポンスデバイスから電話を外すことはできません。

そこで、上から、電話、申込フォームの順番で、必ず2つに分けてバナーボタンを配置します。

電話と申し込みフォームのボタンをスムーズに押してもらうためには、目立つことと、誤操作が起きにくくすることの2つがポイントとなります。

特に、店舗ビジネスや通販サイトでは、とにかく電話で問い合わせをしてもらえるように仕向けることが重要です。

電話のボタンを目立たせると同時に、電話番号を表記し、タップすると電話がつながることを明記します。 (さらに…)

売れるスマートフォンサイトのつくり方3

売れるスマートフォンサイトのつくり方

扱う商品やサービスが複数ある場合は、その商品それぞれにランディングページになるサイトを作成することがベストです。

PPC広告を出して集客する際には、メインサイトではなく、この商品ごとの縦長のページにお客さんをダイレクトに誘導、着地させます。

商品ごとに検索をしている人のニーズは異なるので、アクセス後のクリック数を減らすために、目的の情報が掲載されているサイトを一番に表示する必要があるのです。

目的を持ったお客さんを、極力少ない操作で、素早く目的の情報にたどり着かせることが、高い成約率につなげるコツです。

一方、スマートフォンサイトの構造が複雑になればなるほど、お客さんからわかりづらくなるため、離脱率が高くなります。

そこで、1商品1ページが理想的なのです。

また、ページ構成をシンプルにすると、データも軽くなるため、ページが早く表示され、それだけお客さんは離脱しにくくなります。 (さらに…)

売れるスマートフォンサイトのつくり方2

売れるスマートフォンサイトのつくり方

しかし、スマートフォンサイトでは、サイドメニューがあるとその分、メインボディが小さくなってしまいます。

そこで、サイドメニューは省きます。

ただし、サイドメニューには大事なメニューがある場合も多いので、削除するのではなく場所を移動するのです。

基本的に、スマートフォンサイトでは、サイドメニューはサイトの下の部分に縦に並べてアコーディオンメニューで表示します。

アコーディオンメニューとは、折り畳み式のメニューのことです。

サイドメニューはここに入れますが、縦にただ並べるのではなく、カテゴリごとに大分類、小分類をして、アコーディオン型に表記します。

特に重要なメニューは、いちばん目立つ上部に配置します。 (さらに…)

売れるスマートフォンサイトのつくり方1

売れるスマートフォンサイトのつくり方

スマートフォンサイトを作成するにあたって、PCでスマートフォンサイトを見られるようにしておくと便利です。

なぜなら、完成したサイトを細部にわたってチェックする際に、スマートフォンでは目が疲れますし、競合相手のサイトとの比較もできないからです。

スマートフォンサイトをPC上に表示するには、モバイライザーという無料ツールを使用します。

このツールを使用すると、ツール画面内でクリックや文字入力などの基本操作もでき、そこから情報を検索したりサイトの操作をしたりすることも可能です。

ライバルのサイトが、スマートフォンに対応しているかどうかも、すぐにチェックすることができます。

また、端末を複数立ち上げて確認することができるので、PCの画面に、自社のスマートフォンサイトと、ライバルのサイトを並べて見比べることもできます。 (さらに…)