Wordpressを使ったSNS+SEO

誰でも簡単に使用できるWORDPRESSでサイトを作りましょう!更にアクセスの来るサイトの作り方を学びましょう!

内的SEO(内的要因の強化)

HTML形式のサイトマップ

HTML形式のサイトマップ

サイトマップはサイトの地図

サイトマップは、サイト内のページをリストアップしたページで、サイトの地図のようなものです。

例えば、観光地ではおすすめの観光スポットが書かれた地図を持っていれば、満足度の高い旅行ができるように、訪問者に効率よくサイトの魅力を知ってもらうための地図なのです。

また、クローラーにとっても重要な地図となり、サイトマップのあるなしでクローラビリティに影響が出る可能性があります。

階層構造が深くなると、優先的にクロールしてほしいページがぼやけてくる可能性がありますが、それを防ぐためにもサイトマップは有効です。

検索エンジン向けのサイトマップにはXML形式のサイトマップもありますが、HTML形式のものも用意するようにしてください。 (さらに…)

読み込み速度の高速化

読み込み速度の高速化

読み込み速度を速くすることで、訪問者とクローラーに優しいサイトに

Googleは、2010年4月に「ページの読み込み速度」をサイトの評価項目の1つとして採用することを発表しています。

ユーザーにとっても、読み込み速度が遅いサイトは喜ばれません。

WordPressなど、動的にページを生成するタイプのCMSを使っていると、サイトへのトラフィックが急増した際、サーバへの負荷が高くなりやすく、負荷軽減処置を行っていないとページの開くのが重くなり、せっかくの口コミ機会を逃してしまう可能性があります。

読み込み速度を高めるということは、訪問者やクローラーに優しいだけでなく、機会損失の回避にも繋がります。 (さらに…)

HTMLソースのエラーチェック

HTMLソースのエラーチェック

エラーはないに越したことはない

市販されているホームページテンプレートに「文法チェックで満点だから、SEOに強い」と謳っているケースがあります。

確かに、HTMLソースのエラーはないに越したことはないですが、文法チェックで満点を取ることがあたかもSEOで有利であるように伝えているのは疑問です。

満点だろうが20点だろうが、基本的に「ソースの破綻」さえなければ問題ありません。

「HTMLソースの破綻」とは、例えば<p></p>タグが正しく閉じられていなかったり、文章構造を伝えるべきコーディングがおかしくなっていたりする状態です。

クローラーがページの情報を正しく取得できないことがあります。 (さらに…)

発リンク(オーソリティサイトとハブサイト)

発リンク(オーソリティサイトとハブサイト)

オーソリティサイトとハブサイト

リンクポピュラリティの概念の1つに、「オーソリティ&ハブ」という考えがあります。

「オーソリティサイト」とは、有益な情報を配信し、ファンが多くついているサイトを指し、「ハブ」サイトは様々なオーソリティサイトへ橋渡し的にリンクを張っているページを指します。 (さらに…)

「rel=”nofollow”」の効果的な使い方

「rel="nofollow"」の効果的な使い方

「rel=”nofollow”」は、ブログのコメント欄やユーザー投稿型のWEBサービスでも用いられます。

これにはリンクを投稿することでリンクポピュラリティを得ようとする目的でのサービスの利用を防ぐ意図があります。 (さらに…)

リンクのエリア別重要度

リンクのエリア別重要度

セクションごとに異なるリンクポピュラリティ

現在、Googleではセクションごとに異なったリンクポピュラリティが割り当てられているといわれています。

例えば、サイト内のどのページにも共通して表示されるヘッダーロゴやグローバルナビは、個別ページのオリジナル要素には繋がりにくいため、これら共通要素から得られるリンクポピュラリティは低いといわれています。 (さらに…)

アンカーテキスト

アンカーテキスト

キーワードの詰め込みすぎに注意

<a href=”URL”></a>というアンカータグで囲まれたテキストを「アンカーテキスト」といいます。

検索エンジンはアンカーテキストの情報に従って、リンク先のページに何が書かれているかを判断します。

これは、内部も外部リンクも一緒です。

アンカーテキストにキーワードを記述するのはSEO的には重要ですが、過度に詰め込まないようにしてください。

同じキーワードが連続している場合も含みます。 (さらに…)

パンくずリスト

パンくずリスト

迷子にならないための道しるべ

パンくずリストは、ユーザーが「自分は今、サイトのどこにいるの?」と悩ませないための道しるべです。

ユーザーの利便性を高める重要なナビゲーションですので、特別な理由がない限り必ず設定しましょう。

パンくずリストの設置後、Googleの検索結果で情報が表示されるケースもあります。 (さらに…)

重複コンテンツの回避・URLの正規化

重複コンテンツの回避・URLの正規化

canonical(カノニカル)属性とは?

ほとんど同じ内容のページが複数存在する場合、検索エンジンはこちらが希望するページを上位表示してくれない場合があります。

「重複コンテンツ」問題と呼ばれるもので、Googleが似通ったページをインデックスしていることで、それらページの中で最重要ページを決めきれず、こちらの意図とは違うページを上位表示してしまうという問題です。 (さらに…)

リンクポピュラリティの統一、リダイレクト

リンクポピュラリティの統一、リダイレクト

リンクポピュラリティの分散を防ぐには?

リンクを受けるURLが異なると、それぞれのURLが同じコンテンツを指していても、下の表のようにリンクポピュラリティは分散してしまいます。

http://www.seichiku-do.jp/ wwwあり
http://seichiku-do.jp/ wwwなし
http://www.seichiku-do.jp/ index.html index.htmlあり
http://www.seichiku-do.jp/?ref=rss パラメータあり
https://www.seichiku-do.jp/ セキュア環境

1つのURLに統一することで、この問題は解決します。 (さらに…)